jQueryで簡単かつビジュアルに作成出来るVisual LightBoxソフト。

ダウンロードURL
http://visuallightbox.com/index.html
Free版と有料版があります。
Free版で説明します。

ダウンロードしたらインストールします。

1,VisualLightBoxのアイコンをクリックするとこの画面が出てきます。

2,ここにギャラリーにする画像をメニューのImagesからAdd images from folderを選択して画像を開くか、
  保存してある画像フォルダから画像をドラッグします。


  

※画像をクリックするとキャプションを変更することが可能です。
 画像の削除は画像を選択して「−」をクリックします。
 順序の入れ替えは↑↓でします。

3,つぎに設定をします。
  歯車のような画像をクリックすると次の画面が出てきます。



左上の画像から、ギャラリー設定、サムネイル設定、LightBox部分設定、パブリッシュ設定となります。

◆ギャラリー設定は
 スライドショーや自動再生、拡大表示、拡大時にオーバーレイをかけるかを選択します。
 また、jQueryだけでなく、Prototypeも選択可能です。
◆サムネイル設定は
 画像の見せ方を選択可能です。
 また、大きさ、画質も変更できます。
◆LightBoxの設定は
 ここでは拡大時の設定が可能です。
 ここでも見せ方、大きさを選択できます。
 なお、「Watermark」という項目がありますが、こちらは有料版でないと変更できないようです。
 Free版の場合は、VisualLightBox.comと画像に入ってきます。
◆パブリッシュ設定は
 ローカルに保存するか、FTP上に上げるかを選び、最後にファイル名を決めて「Publish」すれば完成です。
 出来るファイルは、「date」「engine」の2つのフォルダで、設定側はすべてengineに入っています。

 ※自動的に作成された作品にタイトルを入れたり、段の配列を変えたり、BGMを入れたり、
   戻るなど入れる場合は、パブリッシュ設定でディスクトップ上にフォルダを作成して保存しておき
   エディターやビルダーで修正したら良いと思います。
 ※ソフトで作成時の画像titleは画像ファイル名がa1.jpgの場合はa1となります。
   ソースのtitleを日本語で入れる場合は、
   <meta http-equiv="content-type" content="text/html;charset=shift_JIS" />に修正してください。
  
サンプルです。
私の作成したサンプルです。
サンプル」をクリックしてください。

以上です。

TOPへ   memoコーナーへ