◎Wordでカレンダーを作成

 Word を起動
  
2007年12月カレンダーの日付の部分作成。
   
1,メニューから「ファイル」→「ページ設定」を選択、「用紙」タブでA4を指定、
   「余白」タブで上下20、左右15、印刷の向きは縦、
   「文字数と行数」タブで文字方向の方向は「横書き」、
   文字数のと行数の指定は「標準の文字を使う」「OK」
   
2,横書きのテキストボックスで日付を表示するくらいの大きさに作成。
  下部図形ツールバーの「線の色(線なし)」で線なしを選択します。
  または、ボックス枠上で、右クリック「テキストボックスの書式設定」から
  線、色で外線「なし」を選択します。
  
 3,テキストボックス内をクリックし、
   メニューから「罫線」→「挿入」→「表」を選択し、表のサイズは
   列数7,行数7(月によって行数が変る)「OK」
   罫線の上にカーソルを当て、←||→を縦にした印になったら罫線の移動が
   出来るので、曜日の行の下の罫線を移動させ幅を調整しておきます。
   つぎに、7行目の一番下の罫線をテキストボックスの一番下まで移動させます。

 4,つぎに、2行目以降の日付欄の行幅を均等にするために、
   2行目のセルをクリックしたまま、7行目の7列横の欄外のセルまで移動させ、
   反転表示されている表の上で、右クリックし「行の高さを揃える」を選択します。
   (欄外の改行マークまで選択されていない場合は右クリックで表示されない)
   そのままの状態で、「書式設定ツールバー」の「中央揃え」を選択、
   続けて、スタイルは「標準」フォント種類は「Century」、フォントサイズは
   14ポイントを選択します。
  
5,1行目へ曜日を“日”から順に入力。(次の欄への移動は“Tab”キーを押す)
  曜日行を選択、反転上で右クリックし、「線種とページ罫線と網かけ・・・」を選択、
  「網掛け」タブで背景色「明るい緑」を選択します。「OK」。
  
6,カレンダーの2行目1列目には、2007年11月の最終週の日曜日付を入力。
  25,26,27,・・・31,まで曜日ごと太字入力し、土曜日は青色、日曜祭日は赤で
  記入します。(一括の場合は、最初をドラッグで最終まで反転、フォントの色を選択、
  祭日など個別の場合は1つずつ赤に変更する)
  祝日の名前を下段に入力します。
  当該月以外の日付は薄いグレーにします。
  

・月の表示部分作成。

7,曜日行の上段の左側か中央の好きな場所へ「年月」を表示します。
  表示は、横書きのテキストボックスを作成して、
  フォントを18ポイントで2007年12月と入力します。
   
・写真や絵をカレンダー上部に挿入。

8,カレンダーの上部へ写真などが入るテキストボックス(線なし)を作成、
   ボックスへ「挿入」→「図」→「ファイルから」写真などを選択し「挿入」
   します。
 
(注)テキストボックスの外枠上の“口”を移動させても、図の大きさは
   変更できません。
   今回は図の外枠を移動させれば、図の移動(画像も一緒に)が移動出来る
   ようにしました。
   
   テキストボックスを作成しないで「挿入」する場合も出来ます。
   この場合は、「犬のマーク」の「四角」を選択すると、大きさの変更や
   移動も出来ます。
   
      以上です。

memoコーナーへ