◎Wordで
 見出しの作成 1
 目次の作成 1
 索引の作成 2


見出しの作成

文書の見出しを書式設定すると、指定した番号書式で自動的に見出しに番号を
付けることができます。
1,メニューから「書式」→「スタイルと書式」を選択します。
  適用する書式の選択で、「見出し1」「見出し2」「見出し3」・・・・を指定して
  本文を書いて行きます。

例:適用する書式の選択から「見出し1」を選択します。
  見出し入力時に見出しの頭へ番号などが自動的に付きます。
  見出し1の本文作成が終わりましたら、「見出し2」を選択します。
  必要のない見出しが続いた時は書式のクリアを選択すると見出しが消えます。

目次の作成

適用する書式の選択で、「見出し2」を選択しました。
「見出し2」は目次の作成にしました。
目次は、文書の見出しの一覧です。
文書の概要を把握したり、参照する項目を簡単に見つけたりするために利用できます。

必要な見出しをすべて指定したら、
デザインを選択して目次を完成させます。
目次の作成を実行すると、特定のスタイルが設定された見出しが検索され、
見出しレベルに応じて並べ替えられて、文書に目次が表示されます。

◆作成した文書で既にアウトライン レベルや見出しスタイルを使っている場合は、
  次の操作を行います。

 1,目次を挿入する位置をクリックします。
 2,メニューから[挿入]→[参照]→[索引と目次] をクリックします。
 3,[目次] タブをクリックします。
 4,組み込みの書式を使用するには、[書式] ボックスの一覧で、
   目的の書式をクリックします。
 5,必要に応じて、その他の目次オプションを選択します。

索引の作成

索引に登録したい言葉を指定するだけで自動的に索引を作成してくれます。
索引は、文書の用語や見出し語と、その語が出ているページ数の一覧です。
索引を作成するには、文書中で索引項目を登録してから、索引を作成します。
索引項目を登録すると、文書に自動的に XE (索引項目) フィールドが挿入されます。

1,メニューから[挿入]→[参照] →[索引と目次] をクリックします。
2,「索引」タブをクリックして、「牽引登録」をクリックします。
3、牽引に登録したい単語を選択します。
4,牽引登録の文字をクリックすると入力欄へは自動的に入力されます。
5,登録ボタンを押します。(文書内の同じ単語すべてを索引に登録したい場合は
「すべて登録」を押します、「閉じる」。
6,索引を挿入したい位置にカーソルを移動します。
7,メニューから[挿入]→[参照] →[索引と目次] をクリックします。
8,書式を設定します。(例:ファンシー)「OK」。

 以上です。

memoコーナーへ