EXCLEで「名簿」を作成

 
完成図


 

PART 1:一般的な作成

 1、データーの入力
   ・整理番号 氏名、 郵便番号、住所、電話番号
   ・A1セルに表題を入力、
   A2〜E2セルに項目を入力します。

 2、入力モード
   ・住所録 :ひらがな
   ・整理番号:半角英数
   ・氏名  :ひらがな
   ・郵便番号:半角英数
   ・住所  :ひらがな
   ・電話番号:半角英数

 3、入力後は[Enter]キーでなく、[Tab]キーを押すとカーソルが右に移動します。
   最終の入力から次の段への入力は[Enter]キーとなります。

 4、各項目の幅は、該当項目のA,B,C,D,E列の右端をドラッグして列幅を広げます。

 5、各項目を「左揃え」「中央揃え」「右揃え」にします。



PART 2:日本語IMEを自動制御したり郵便番号から住所に変換します。
       (入力の手間を省くテクニックを体験します)
●日本語IMEを自動制御
 
 1, B列の列見出しをクリックした後、[Ctrl]キーを押しながらD列の列見出しを
    クリックします。
    2列が同時選択できたら「データ」→「入力規則」を選びます。
    「日本語入力」タブを選んだ後、プルダウンメニュー「▼」を開いて「ひらがな」を
    選択し、「OK」ボタンをクリックします。

 2,A列の列見出しをクリックした後、[Ctrl]キーを押しながらC列、E列の列見出しを
   クリックします。
   3列が同時選択できたら「データ」→「入力規則」を選びます。
   「日本語入力」タブで、今度は「オフ(英語モード)を選択して「OK」ボタンを
   クリックします。

● 郵便番号から住所を変換
  (郵便番号変換できるように設定)

 1、 IMEツールバーの左から5番目のツールアイコンをクリックして、「プロパティ」
   を選択するとプロパティウインドウが開きます。
   「辞書/学習」タブのシステム辞書の欄に「郵便番号辞書」があります。
   チェックが入っていることを確認します。
   (チェックが入っていても変換しない場合は、再度この欄を選択してチェック
   を入れてください)

 2、 MS-IMEの場合、IMEツールバーの「般」(変換モード)と書かれたボタンを
   クリックして「人名/地名」を選択します。
   「般」のボタン名が「名」に変わります。

● データーを入力します。

 1、 入力するA列のセルを選択すると半角英数の入力になっており、B列のセルに移るとひらがな
    入力になっています。

 2、 C列のセルで郵便番号を入力します。(半角英数)

 3、 D列のセルではIMEがひらがなになっていますので、同じ郵便番号を入力して、
   住所に変換するためにスペースキーを押します。
   郵便番号変換の機能が働いて住所が現れますので、続けて番地を入力します。
   (住所が変換されなかったときは、自分で入力し直します)

 4、 E列のセルに移るとIMEがオフになるので、電話番号をそのまま半角英数で
   入力します。
   ここでは、入力後に[Tab]キーでなく[Enter]キーを押すと、カーソルはA列の
   セルに移動します。

 PART 3:罫線と色で体裁を整える

 1、 表全体(A列〜E列のセルの入力されている全体)を選択して、罫線ボタンの
   右にある▼をクリックして罫線一覧から「格子」をクリックします。
   A列〜E列の項目セルを選択して、「塗りつぶしの色」ボタンの▼をクリックし、
   色一覧から色を選択(例:薄い水色)し、クリックします。
   最後に表題部分のセルを選択して、「B」(太字)ボタンをクリックします。

PART 4:氏名の振り仮名をひらがなで表示

 1、 氏名の入ったB列を選択して「書式」→「ふりがな」→「表示/非表示」と
   たどりますと氏名の振り仮名が表示されます。
   次に、B列の列見出しをクリックしてB列全体を選択し、「書式」→
   「ふりがな」→「設定」を選択します。
   ふりがなの設定ウインドウで、種類のひらがなへチェックを入れ「OK」ボタンを
   クリックします。
   氏名の振り仮名がひらがなで表示されました。

PART 5:振り仮名の加筆訂正

 1、 該当セルをダブルクリックするか、選択後に「F2」キーを押して編集状態にします。
   訂正する部分の振り仮名をクリックして、[Delete]キーで削除し、正当振り仮名を
   入力して書き換え[Enter]キーを押すと振り仮名が確定し、さらに[Enter]キーでセルの
   編集が確定します。
  
PART 6:データの並べ替え

 1、 Bセルの氏名を選択して、「昇順で並べ替え」ボタンをクリックします。
   氏名の振り仮名順に行が並べ替わります。
   (データの空白行を追加したい時は入力している行のを選択して、右クリックして
   「挿入」を選択し、セルの挿入で行全体へチェックを入れます。

 2、 電話番号を並べ替えるには、データメニューから「並べ替え」を選択します。
   「最優先されるキー」の▼をクリックして、メニューから「電話番号」を選択、
   「2番目に優先されるキー」の▼からは「氏名」を選び、「OK」を押すと電話番号
   順に並べ替えられ、電話番号では氏名の順になります。

   以上です。

memoコーナーへ